工場長直伝!腰痛対策

腰痛と運動不足

運動不足が原因で起こる体の不調には色々とありますが、腰痛もその1つです。
ですが、どうして運動しないと腰痛になるのか、はっきり知らないという人も多いのではないでしょうか。
まず、体の仕組みを考える必要があります。
腰というのは、実は体重のほとんどを支えているとても大事な部位なのです。
ところが、背骨だけで支えているせいで不安定であり、それを腰の周りの筋肉、椎間板、靭帯によって補われています。

運動不足になってしまうと、この背骨を支えるための腰周りの筋肉、中でも背筋と腹筋が衰えてしまって腰にかかる負荷が支えきれず、痛みが出てしまうというわけです。
運動することでこの筋肉を鍛え、背骨を支えるのを助けてあげるんですね。

さらに、運動することで筋肉以外の関節や骨、神経や靭帯などの体の色々な部分にも良い影響が出ます。
骨の主な成分であるカルシウムは特に、運動しないと定着しにくいため、運動不足になると骨粗しょう症が原因となる腰痛を招くとも言われています。
このような理由から、腰痛を起こさないためには適度に運動することが大切である、と言えるのです。

腰痛に効果的な運動とは

腰痛予防には運動が良い、というのはおわかりいただけたと思いますが、これまでほとんど運動をしていなかったのに筋トレをしようと思っても、なかなか難しい場合も多いでしょう。
そもそも、運動の習慣がないのにいきなりそんなことをしようと思っても、三日坊主で終わってしまう可能性が高い、という人も多いと思います。
腰痛を防ぐためなのですから、継続できなければ意味がありません。
そのような場合、オススメなのがちょっとした体操や水泳、ウォーキングなどの有酸素運動です。
スマホを持っている人であれば、ウォーキングにポケモンGoなどのアプリを活用してみる、というのも良いかもしれません。

有酸素運動で腰痛持ちの人に特にオススメなのは、意外にも水泳です。
水泳は結構ハードですから、向いていないと思う人もいるかもしれませんが、水中だと浮力があるので腰への負担が軽減される上、水の抵抗で運動の効果が上がるんです。

もしウォーキングをするなら、毎日1時間くらいは行うようにしましょう。
この時、背筋を伸ばして歩くように意識してみてください。
それだけでも背筋と腹筋を使うので、自然と筋力アップに繋がるはずです。

腰を支えるための筋力が欲しいだけなら、これで十分です。
しかも、ウォーキングはダイエットに取り入れられることもあるくらいなので、体重増加も防止できますから、肥満が原因の腰痛になることも防げます。
注意したいのが、無理をしてしまうことです。
無理をすれば逆に腰痛になってしまったり、長続きしなかったりしてしまう原因になるので、気をつけるようにしましょう。

かまぼこ手作り教室開催!

かまぼこの手作り教室を開催しました

先日、かまぼこの手作りが体験できるイベントを開催しました。
人が集まるか少し心配していたのですが、お陰さまで好評でした。
参加いただいた皆様に、改めてお礼申し上げます。
お集まりいただき、本当にありがとうございました。
楽しんでいただけたなら幸いです。

当日は、次のような流れでかまぼこの手作りを楽しんでいただきました。
まず、毎日かまぼこを作っている職人さんに、かまぼこの板に魚のすり身を乗せていく実演を行ってもらいました。
火がどこからも均等に入るよう、きれいな半月形にしなければいけません。
間近でこういった作業を見るのは初めてで感動した、というお声をいただきました。
職人さんにも後で伝えたところ、喜んでいましたよ。

職人さんの技を見た後は、実際に自分たちでかまぼこを作ってもらいました。
この時、かまぼこ包丁という特別な道具を使います。
皆さん、初めて触る道具に戸惑いながらも楽しんでいただけたように思います。
かまぼこを作ったら、蒸し機に入れて約70分程度待ちます。
蒸しあがるのにこれだけの時間がかかる、ということをご存知なかった方も多いようです。

かまぼこの作り方について

蒸しあがるまで時間がかかるため、かまぼこの詳しい作り方についてご説明したのですが、せっかくなのでこちらにも少し書いてみましょう。
短く説明しようとすれば、すり身にした魚を練りあげて蒸す、とひと言で終わってしまうくらいシンプルではありますが、実際にはそこまで簡単な話でもないのです。
というのも作り方がシンプルだからこそ、魚の鮮度や種類、すり身にした後の練り方や塩の加減、蒸し方などによって食感や味がまったく違うものになってしまうため、ごまかしが効かないからです。

材料にする魚ですが、これは新鮮であれば青魚や白身魚などで構いません。
生ものなので、すり身にする間は全ての工程を通して10度以下に抑えられればベストです。
見た目が白いかまぼこにしたい場合は、白身だけを使ってください。
それ以外であれば、血合い部分も使って大丈夫です。
骨、皮、内臓は取り除き、みじん切りにして冷たい水にさらしますが、この時かき混ぜては上澄みを捨てるということをします。

やり過ぎれば魚の旨みがなくなり、不足していると弾力が出ないため、ある程度は経験で学ばなければいけません。
色を気にしないのであれば、水にさらす工程はなくしても構いません。
こうすると、魚の味がかなり強く出ます。
ただ、どう頑張っても魚の鮮度が悪いと、練っても粘りが出なかったり、かまぼこならではの食感が出ないので注意してください。
水にさらした場合、さらしやガーゼ等で水気を絞りますが、水気が残っても絞りすぎてもいけません。

すり身にする時はフードプロセッサーを使うと便利ですが、家庭用だと完璧ではありませんので最後にすり鉢ですりましょう。
完成した時の弾力はこの工程で決まります。
つなぎとしては卵白と片栗粉を使い、味付けは塩とみりんが無難です。
冷蔵庫で1日、常温なら1時間から2時間ほど熟成させ、表面を触ってくっつかなくなれば蒸します。
蒸す時は、できるだけお湯は沸騰しすぎないようにし、なるべく早く食べましょう。

衛生管理者試験

衛生管理者について

衛生管理者と聞くと、工場などで衛生面の管理をしている人のことなのかな、と思う人もいるかもしれません。
ですが、実はそれとは少し違います。
職場で働く人達の健康障害を防ぐ専門家のことを衛生管理者と言います。
週に1度は職場の巡視を行い、職場内で健康異常者を発見したり処置したりし、また安全衛生教育や健康診断実施のために企画や立案などを行う、というのがその主な業務内容となっています。

労働安全衛生法の第12条によって、労働者が50人以上いる事業場には衛生管理者を最低1人置かなければならない、と決められています。
これは、学校法人、病院、各種団体や組合、民間の企業、特殊法人などを問うことはありません。
販売業、製造業といった業種に関係なく、全ての業種で選任することが義務とされています。

さらに、衛生管理者は該当する事業場専属である必要があり、他の営業所や支店といった事業場と兼任することが認められていません。
もし選任義務を怠れば、労働安全衛生法の第120条によって50万円以下の罰金を支払わなければならなくなります。

事業場の規模によって必要となる衛生管理者の人数が決められていて、事業場の規模が50人から200人で衛生管理者は1人以上、201人から500人で2人以上、501人から1000人で3人以上、1001人から2000人で4人以上、2001人から3000人で5人以上、3001人以上で6人以上となっています。

では、労働者が50人未満の場合は衛生管理者が全く必要ないのか、というとそういうわけでもありません。
労働者が10人以上50人未満の場合は、衛生推進者、安全衛生推進者の選任義務があります。

衛生管理者の区分と試験について

衛生管理者は、事業場の業種で第1種と第2種に区分されています。
業種が農林水産業や建設業、機械修理業、そして物の加工業を含んだ製造業などは第1種、10人以上50人未満の事業場では安全衛生推進者、これら以外は第2種、10人以上50人未満であれば衛生推進者となります。

衛生管理者の資格を取得するためには、公益財団法人である安全衛生技術試験協会が行っている国家試験に合格しなければなりません。

受験資格があるのは、大学卒業後に労働衛生での実務経験が1年以上ある人、または高校卒業後に労働衛生での実務経験が3年以上ある人、そして学歴と無関係に実務経験が10年以上ある人等とされています。
試験は3時間行われ、科目としては労働安全衛生法、労働基準法といった法令、労働衛生と労働生理となります。
出題形式はマークシート形式で、それぞれの科目で4割以上の得点かつ全ての科目で6割以上であることです。

警備業務検定

警備業務検定について

警備業務検定と言われても、聞いたこともないという人もいるかもしれません。
どういった資格かと言うと、現場での事故、犯罪の抑止、貴重品の輸送や施設の警備、身辺の警護などを行う、いわば防犯のスペシャリストである証明となります。
講習を受けて終了考査を受けるか、試験での取得も可能です。
合格率は、特別講習で約6割から8割程度、直接試験で約2割から4割程度です。

この資格を取得すると、警備保障会社への就職で有利となります。
取得する人の多くは警備会社の人ですが、経験がない人も試験での取得ができること、警備員の需要が増えていることから取得して損になることはない資格とされています。

業務内容としては、交通の誘導、航空保安、貴重品の運搬、核燃料物質等の運搬などで警備を行うことになります。
人命、お金、物資を安全に目的地まで届ける仕事です。
気になる警備員の平均的な年収は約300万円ほどです。

警備業務検定の取得について

警備業務検定を受験する資格は、2級であれば区域内に住んでいるか、区域内にある営業所に所属している警備員となり、それぞれの実技試験が終了するごとに90点以上の人が次の実技試験に進むことができます。
1級の場合、2級を取得してから1年以上実務経験を積んでいることが条件となり、それぞれの試験の度に90点以上の人だけが次に進めるというのは2級と同じです。
講習を受ける場合、2級であれば満18歳以上で30時間の警備員新任教育を受けていること、1級であれば2級に合格してから実務経験が1年以上の人となります。

警備業務検定では分野ごとに細かく内容が分かれていて、空港保安警備業務、核燃料物質等危険物運搬警備業務などといった6つがあり、それぞれで1級と2級があります。
また、いずれも実技と学科での試験があり、学科試験は制限時間60分で20問です。
講習は2日間に分けて行われます。
内訳としては、学科の講習が7時限、実技の講習が5時限、終了考査が4時限となっており、最終日に修了試験が行われます。
1時限は50分となっています。
合格の基準はいずれも90点以上です。

全国各地で受講可能なので、受講を考えている人は最寄りの受講地を調べてみると良いでしょう。
なお、受験料は分野ごとに違っているので注意が必要です。
2016年9月現在、空港保安警備業務や施設警備業務、核燃料物質等危険物運搬警備業務、貴重品運搬警備業務で1万6000円、交通誘導警備業務が1万4000円、雑踏警備業務業務が1万3000円となっています。
受講料は講座、受講地によって違うため、それぞれ問い合わせる必要があります。
この他、審査の手数料として4700円、交付の手数料として1万円が必要です。

クレーン運転士

クレーン運転士とクレーンについて

クレーン運転士というのは、日本における労働安全衛生法によって定められている国家資格・免許の1つで、実技と学科のあるクレーン運転士免許試験に合格、免許交付を受けた人のことを言います。
一定の規模より下のクレーンであれば、特別教育か技能講習のいずれかを受ければ操作・運転して良いということになっているため、これらの講習などを修了している人のことを言う場合もあります。

では、クレーンとは一体何なのでしょうか。
一般の人にとっては、言葉は何となく分かる、見かけたことはある、程度のあまり馴染みのないものでしょう。

クレーン等安全規則による定義では、クレーンというのは以下の2つの条件を満たしている機械装置の中で、デリック以外かつ移動式クレーンのものとされています。
その条件の1つは、動力によって荷物を吊り上げるというものです。
動力を使って荷物を吊り上げる、というもののことをクレーンと言うのであり、人の力で吊り上げるものはクレーンとは言わない、ということです。
ただ、荷物を降ろす時には動力を使っていても、自由降下でも良いとされています。

もう1つは、吊り荷は水平に運搬するというものです。
水平方向に移動するのであれば、動力を使っていても人の力であっても構いません。
定置されているか、レール上など限られた範囲の移動をする形式であることと定義されています。
ですから、荷物の吊り上げを人の力で行っている機械装置の場合、もし荷物を水平移動させる時には動力を使っていたとしても、クレーンとは呼びません。

クレーン免許の変化について

昔は全てのクレーン操作をすることができる起重機運転士免許というものがありましたが、これが昭和37年にクレーン運転士、デリック、揚貨装置運転士と細かく分けられました。
昭和47年になるとさらにクレーン運転士がクレーン運転士、移動式クレーン運転士の2つに分けられました。
この頃はクレーン免許に玉掛の資格も含まれていましたが、昭和53年になると玉掛の資格も別に取得しなければならなくなりました。

このように、細かく分類が進んできましたが、平成18年になるとデリック免許とクレーン免許が統合されてクレーン・デリック免許になりました。
ただ、これにはいくつか種類があり、元々クレーン免許、デリック免許の両方を持っていた場合は限定なしのクレーン・デリック免許を取得となりますが、元々クレーン免許しか持っていなかった場合はクレーン限定のクレーン・デリック免許となります。
同様に、床上運転式限定のクレーン運転士であった場合、床上運転式クレーン限定のクレーン・デリック免許となります。
ただし、デリック運転士免許だけの場合は、これまで通りデリック運転士免許のままです。