クリーンルーム導入に向けて

クリーンルーム導入のメリット

食品関連の工場だけでなく、医療関係、電子製造分野では、製品への汚染防止や、品質の向上のために、クリーンルームを完備する工場が増加しました。
クリーンルームでは、ゴミによる不良を防ぐために、効率的に生産を行う事ができます。
クリーンルームによる徹底管理を行う事で、製造工程の管理を徹底し、不良が出にくくなるメリットがあります。

品質偽装問題が表面化してからというもの、消費者の製造部分への不信感は徐々に強くなっていきました。
中国の期限切れ鶏肉事件以降、クリーンルームを導入する工場が増えています。

クリーンルームを設定しているという事は、新規のユーザーに、しっかり品質管理を行っているというアピールになります。
もちろん、クリーンルームを完備している事は、工場の広告宣伝として盛んに使用されています。
消費者やクライアントは、クリーンルームを持っている企業として認識してくれるため、安心感、信頼感を持ってくれるのです。
クリーンルームを所有しているという事は、企業のイメージアップにつながります。

クリーンルーム導入のデメリット

クリーンルームを導入するには、デメリットも知らなければいけません。
メリットとデメリットを見比べてみて、しっかり検討した上で、本当に必要かどうかを検討する必要があります。
ここでは、簡単にですが、クリーンルームを設置した際のデメリットをご紹介しましょう。

一番最初に検討しなければいけないのが、設置費用だと思います。
この初期設置費が発生する事と、安定した製品の供給を考え、検討してください。

また、クリーンルームは、日昼夜関係なく、常に稼動させなければならない設備です。
24時間、365日常に稼働していますので、運転費が発生します。

日昼夜休みなく稼動しなければならないのは、機械を止めてしまうと、クリーンルーム内の粒子濃度が上がってしまうためです。
クリーンルームは、微粒子濃度を測定しながら、とても厳密に、粒子濃度の調整を行って、製造・生産を手助けしています。

日本だけでなく、世界の工場では、従業員のモラルの低下、異物混入問題など、社会的問題に発展しているケースが沢山あります。
まだ、クリーンルームを設置していない工場の方は、安定した品質で商品を作成するために、検討してみてください。

特に、私たちの工場で設置したリアルタイムの微粒子測定器は、値段も手ごろで効果も高いと人気です。
>>微粒子・微生物測定器ならニッタ株式会社

ニッタ株式会社というところの製品ですが、様々なオプションが付いていますし、ISOなどの基準もクリアした製品なので安心して使うことができます。
モニタが見やすいというのも特長の一つ。
気になる方は、是非チェックして頂ければと思います。