ちくわの美味しい食べ方

ちくわを定番の食べ方で

ちくわは製造段階でしっかり加熱されているので、もちろん生で美味しく食べることができます。
わさび醤油やしょうが醤油、わさび漬けとの相性も良く、ちくわにこれらを少し添えることで、ちょっと違った美味しさを楽しめます。
意外なところでいくと、マヨネーズをつけて食べても美味しいですよ。
生で食べることができるので、小腹が空いた時にちょっとしたおやつとして食べても良いでしょう。

ちくわの穴に詰めて食べると美味しいもの

色々な料理に使うのも美味しいですが、ここではあえて少し違う食べ方をご提案したいと思います。
ちくわには穴が空いていますが、ここに何かを詰めて美味しく食べることができれば、手軽で良いと思いませんか?
そんなお手軽で美味しい食べ方のご提案、というわけです。
チーズやきゅうり、明太マヨネーズといった定番と言えそうなもの以外に、ちくわに詰めると美味しいものを見ていきましょう。

絶妙な食感が楽しいのが、ちくわの穴にお餅を詰めて食べる、というものです。
お餅はちくわの穴に入るくらいの細さに切り、ちくわに詰めたらラップをして電子レンジで1分程度加熱します。
これだけで美味しく一品できてしまいます。
好みでだし醤油などをかけて食べましょう。

もっと簡単に一品作りたい、という人にはかいわれをオススメします。
ちくわの穴にかいわれを好きなだけ詰めれば完成です。
忙しい朝でも簡単に作れますし、お弁当にも入れられて大助かりですよ。
この他、すりおろししょうが、岩下の新しょうがを細く切ったものを詰めても美味しいです。
この場合、ただしょうがを詰めるだけでなく、ちくわを大葉で巻いてみたり、チーズやきゅうりを入れてみたりしてもおいしくなります。

ちょっと変わったところでは、ちくわの穴にしゅうまいを詰める、というのもあります。
どうやってしゅうまいを詰めれば良いのかというと、冷凍食品のしゅうまいを使います。
これを潰してギュッと詰めれば完成です。
お弁当やちょっと一品足したい、という時にもぴったりです。

さらに意外なところではたくあんを詰める、というのもあります。
ちくわの穴にたくあんを詰めるという発想自体、自分にはなかったのですが知人から教わって試してみたらかなり美味しかったんです。
さらにチーズを入れてみたり、マヨネーズをかけたりしても美味しいので是非試してみてください。
他にも、色々な漬物を詰めて試すのも良いかもしれません。

この他、野菜を詰めるのももちろん美味しいです。
きゅうりが定番ですが、オクラやアボカド、ゴーヤを入れると何だかちくわがとてもオシャレに見えますよ。
ただ野菜を詰めて食べるだけでなく、ちょっと何かをプラスするとワンランク上の一品になるのではないでしょうか。