トーストかまぼこ

楽しくかまぼこをデザインしてみんなで食べる

みんなで楽しく食卓を囲めるように、料理にいろいろな工夫を加えることができます。
その一つに、食材をかわいくデザインしてユーモアのある見た目に仕上げるという手があります。
紅白かまぼこはその点、いろいろなデザインを施すことができますので、楽しく料理したいときにぴったりです。

この「トーストかまぼこ」もユーモアたっぷりの料理ですので、子供と一緒に作ってみるのも良いでしょう。
料理する楽しみを教えることにもなりますし、季節ごとのイベントに合わせてデザインを決めることもできます。
「トーストかまぼこ」に必要な材料は次の通りですが、載せるものはいろいろ変えられますので、好みに応じて選ぶことができます。

紅白かまぼこ 2切れ
食パン 1枚
うずらの卵 1個
きゅうり 少し
ラディッシュ 1個
バター 5g
リーフレタス 1枚

切り方やデザインを変えて楽しいトーストを作る

「トーストかまぼこ」の作り方は実に単純ですが、デザイン次第でいろいろな楽しみ方ができます。
まずうずらの卵をお湯でゆでて、ゆであがったら殻をむいて半分にカットします。
そして、食パンは軽くトーストしておきます。

その間に、ラディッシュやキュウリを薄めの半月切りにしておきます。
紅白かまぼこはこいのぼりや魚の形にしてカットしておきます。

トーストしたパンにバターを塗ってリーフレタスを載せます。
そして、魚の形にカットしした紅白かまぼこを置いて、目の部分に半分に切ったうずらの卵、うろこの飾りとしてラディッシュやキュウリを置いていきます。
上手に飾ることができれば、かわいい魚の形に仕上がりますので、見た目もかわいいトーストが完成します。
紅白かまぼこが冷たい状態だとおいしくないと思うのであれば、パンをトーストするときに一緒に温めておくと良いでしょう。

いろいろな形や飾りにして楽しく料理をする

かまぼこはカットするのが簡単で、いろいろな形にできますのでアイディア次第でたくさんのデザインにすることができます。
野菜の色目を変えたりカットの仕方を変えたりして、飾り方も変化を付けられますので、楽しくいろいろなデザインのトーストを作ってみることができます。
家族みんなで一緒に「トーストかまぼこ」を思い思いに作ってみて、楽しく料理をしてみるのも良いでしょう。

ソースやドレッシングを足して味を変えてみるのも良いですし、いろいろな材料をトッピングして豪華なトーストにすることもできます。
料理の楽しみを家族みんなで味わえるのが魅力ですし、これを機会に子供たちに料理について教えることもできます。
ユーモア心を持って魅力たっぷりの「トーストかまぼこ」を作ってみましょう。

引用サイト>>ユーモアたっぷり!トーストかまぼこで端午の節句