かまととの語源について

江戸時代の遊郭から生まれた言葉 かまとと

ぶりっ子して、お高く留まって、という意味で使われる「かまとと」という言葉は、江戸時代の遊郭で生まれた言葉だとされています。
今ではそれほどの頻度で使われているわけではありませんが、特に女性の中では相手を非難する言葉として使われています。
その由来は江戸時代にまでさかのぼり、しかも水産食品に関係があるという言葉で、とても興味深いルーツを持っています。

この「かまとと」とは、「かま」という言葉と「とと」という言葉の二つに分かれています。
このうち「かま」とはかまぼこのことを指し、「とと」というのは魚を意味する幼児言葉のようなものです。
かまぼこから新しい言葉が生まれたということは、江戸時代から広くかまぼこが広く親しまれていたということで、とても興味をそそられます。

庶民の食べものを見下すふりをしたことから来ている言葉

どうしてこのかまぼこという食べ物から、「かまとと」という言葉が生まれたかというと、江戸時代、かまぼこは庶民の食べ物として多少ランクの低い食べ物として見られていたことが関係しています。
そこで、遊郭にいた遊女がいかにも庶民の食べ物であるかまぼこのことを知らないかのように、「かまぼこって魚からできたいたの?」と質問したということが、「かまとと」の発祥となっているようです。

遊女は多くの場合、地方から江戸に来た女性のように、貧しい生活をしてきた人が多かったので、かまぼこのことを知らないはずはないのに、そうやって知らないふりをするというのは、いかにも自分がお金持ちの出自であるかのように振舞って、お高く留まっているということから「かまとと」と呼ばれるようになったのです。
庶民出身であるからこそ、今では違う暮らしをしているからと、庶民の食べ物を見下しているということが嫌悪感を持って見られたということなのでしょう。

どんな場面で「かまとと」を使うのか?

このような興味深い由来のある言葉ですが、今ではそれほど使われなくなっています。
「かまとと」はぶりっ子をしていることを非難する言葉としても使われますので、たとえば男性もしくは女性が、好きな人の前などでぶりっ子をしている女性を見た時に、「かまととぶってんじゃないよ」と軽蔑するような時に使います。

また、ある女性の噂話をする時などにも使われることがあります。
「部長のことを陰では悪口ばっかり言ってるのに、本人の前になると愛嬌振りまいてかまととぶっているよね」という感じです。
このように、ほとんどの場合女性のことを非難するために用いられるのですが、それもやはり江戸時代の遊女に対して使われたことがルーツとなっているというのが関係しているのでしょう。

かまぼこの「足」について

水産練り物独特の表現であるかまぼこの「足」

食べ物にまつわる表現というのは実に豊富で、しゃれに富んだものも多くあります。
それだけ、日本人から昔から食というものを大事にしてきて、高い感性で味や食感の評価をしてきたということを示しています。

日常的にも独特の表現が食品に対して用いられてきていて、たとえば「腰」という表現があります。
うどんやラーメンなどの麺類でよく使われる言葉ですが、歯ごたえや弾力などの強さや心地よさを表すために用いられています。

それと似たような表現がかもぼこにも使われていて、「足」という言葉が業界や通の間で用いられています。
このかまぼこの「足」も、麺類に使われる「腰」と似ていて、噛んだ時の食感や歯ごたえのことを評価するために使われます。
「足」がしっかりとしているかまぼこの方がおいしいということになります。

どんなかまぼこの「足」がいいのか?

かまぼこの評価は、当然味が大きな部分を占めますが、同時に食感というのも非常に重要なポイントです。
では、どんな「足」がいいのかというと、滑らかでありつつもしっかりとした弾力があり、心地よい噛み応えを感じられるものとされています。
とはいえ、硬いということではなく、噛んでいくうちに自然となくなっていくような、魅惑的な「足」を持っているかまぼこがおいしいと感じられます。

かまぼこの粘りのある弾力というのは、練り物独特の食感で口の中で楽しい感覚を与えてくれるものとなります。
柔らかすぎると、滑らかさはあるものの、噛み応えがなくなってしまってこの感覚を楽しめなくなってしまいますので、バランスよく食感を残すことが非常に大事になってきます。

たんぱく質と塩の量でかもぼこの「足」を決めていく

このように、かまぼこのおいしさを左右するのは、心地よい弾力がある「足」ということになりますが、この「足」は塩によって主に生まれます。
魚介類のすり身に含まれているたんぱく質が塩分と結びつくと、タンパク質が弾力を生み出すようになるのです。
具体的には、元々ある繊維状のたんぱく質が塩などによって溶けていき、加熱することによって再び網目状になって回復します。

この網目状のたんぱく質が独特の食感をもたらすことになりますので、塩分の微妙な調節がかまぼこの絶妙な「足」を作り出すということになります。
そのため、かまぼこ製造においては、魚の風味豊かな香りと味を残しつつも、心地よい弾力を作り出すために塩分の調節を細かくすることがカギとなるのです。
これからかまぼこをいただく際には、その独特の「足」に注意して食べてみて、どのようにしてこの心地よい食感が作られているのかを思いめぐらしてみましょう。

食品表示診断士

市販食品の表示についてのチェックを行える資格

消費者に安全な食品を提供するため、市販の食品においては、食品表示をすることが義務付けられています。
食品表示とは、商品のパッケージにある原材料や加工者、賞味期限、保存方法などが記載されている欄のことを指します。
ここを見れば、商品がどんな材料を用いて作られているかを一目で確認することができ、安全性などをチェックする基準を得ることができます。

その食品表示についてのチェックをすることができる能力を問うのが、この食品表示診断士という資格です。
普段何気なく見ている食品表示も、細かなルールがあり、そのルールを知っているのと知らないのでは大きな違いがありますので、専門的な知識を得ることはとても大事なのです。

食品加工などに関わるプロはもちろんのこと、一消費者としても食品表示に関する知識を身に着けるために、この資格を取るようチャレンジすることができます。
事実、この資格は食品加工従事者だけでなく、広く一般に開かれている試験ですので、仕事においても毎日の生活においても役立てられるというメリットがあります。

食品表示診断士の概要

食品表示診断士は、初級、中級、上級の三つに分類されていて、厚生労働省によって推奨されている資格として普及が進んでいます。
初級は、一般の消費者を始めとして、スーパーで働くパートやアルバイトなどが主な対象として見られています。
安全な食品を判別するための食品表示の見方を学べるのがメリットとなっています。

中級になると、食品加工の業界で働く人がメインターゲットとなっていて、食品加工の品質管理を行う人や流通業、製造過程に携わる人などが試験を受けています。
食品表示に関する説明を、顧客に対して分かりやすくできるようになるというスキルが身に着きますので、通常業務で役立てることができます。

上級では、メーカーにおいて食品表示を作成する担当者、食品表示のチェックを行う部署などで働く人が対象となっています。
専門的な知識を持ち食品表示を正確に作れるようになること、何らかのトラブルがあった時にそれに対応できる力を身に着けることができるのがこの資格のメリットです。

公式テキストなどを使って勉強できる

この資格を取るにあたっては、食品表示検定協会が公式テキストを発行していますので、それを使うのがベストです。
それぞれの級に合った知識を取り入れることができますし、試験の傾向と対策を効率よく行うことができます。

また、協会がセミナーを開催していますので、上の級にチャレンジする時に活用したいものです。
試験で出るポイントなどを講師が解説してくれますので、最短ルートで合格できるというメリットがあります。

水産練り製品製造技能士

水産練り加工品のプロフェッショナルが持つ資格

食品加工関連の資格はかなりバリエーションが広いですが、水産練り製品製造技能士もその一つです。
かまぼこやはんぺん、ちくわなどの魚介類を使った練り製品は、非常に種類が多く、需要も大きいので効率的な作業が求められる食品となっています。
そのため、この水産練り製品製造技能士は、こうした練り製品を作るに当たっての立案や調理そのもののスキルを問う資格となっています。

資格は1級と2級に分かれていて、それぞれ冷凍練り物と生原料を使った練り製品の加工についての知識や技術を問うものとなっています。
試験は年に一回で、例年1月に開催されます。
試験の詳細については、それぞれの自治体の職業能力開発協会が発表していて、試験会場なども同協会を通じて知らされることになります。

水産練り製品製造技能士の試験内容は?

水産練り製品製造技能士の試験は、筆記試験と実技試験の二つに分かれています。
筆記試験は、食品一般に関する知識、水産練り製品についての知識、またかまぼこの製造法や材料、安全法規や衛星に関する実務的な知識が問われます。
実技試験においては、製作実技や立案実技などの項目があり、実際の現場の状況に即した内容となっています。

とても専門性の高い試験ですので、一般に試験対策などの情報が出ておらず、過去の受験者や資格保有者などに確認しながら準備を進めていくのがベストです。
また、どんな実技が実施されるのかを事前に確認し、そのための練習をしておくことも、試験パスには欠かせない準備と言えるでしょう。

とても実用性の高い試験

水産練り製品製造技能士は、水産加工品に関連する試験として汎用性の高い資格と言うことができ、いろいろな点でメリットがあります。
国内においては、この食品ジャンルのニーズは非常に高く、全国の生産地で生産加工のプロが必要とされています。
もちろん、資格がなくても業務自体はできますし、たくさんの熟練職人がいますが、やはり資格を持ちしっかりとしたスキルを持っているということを証明できると様々な面で有利となります。

転職をする際などに、水産加工現場でより早く仕事を見つけられるようになりますし、技能士資格があるということで、待遇アップにも貢献します。
多くの場合、水産加工は大きな工場で機械を使って行いますが、より品質の高い製品を作るためには、熟練した職人が必要とされますので、こうしたスキルを持っていることは大きなアピール材料となります。
また、新しい商品開発などの面でも、現場のプロという立場からアドバイスを与えられるようになりますので、さらに活躍の場を広げるという意味でもこの資格は役に立つと言えるでしょう。

食品衛生管理者

食品の製造プロセスを監督して衛生的に作業がなされているかを見る

食品関連業界では、現場での作業を進めていくためにはいくつもの資格保有者が必要となりますが、その一つがこの食品衛生管理者です。
この食品衛生管理者という資格は、食品を調理、管理する現場において、必ず配置することが求められているもので、食品製造における衛生の管理者と言うことができます。

特に、ハムやベーコンなどの製造を行う食肉関連工場、バターやチーズなどの乳製品工場、油脂を扱う工場の場合は、この資格を持っている人が管理をすることが必要となってきます。
こうした食品は、どうしても細菌やウイルスによる汚染のリスクがあり、しかも万が一汚染した食品が市場に出回ってしまうと大きな健康被害をもたらすことになりますので、しっかりとした知識とノウハウを持つエキスパートが管理をする必要があるからです。

簡単には取れないがそれだけのメリットがある資格

食品衛生管理者と似たような資格に、食品衛生責任者というものがあります。
この責任者は、レストランなどの食品を扱う店舗に配置することが定められている資格ですが、資格を取るのはさほど難しくありません。
しかし、食品衛生管理者はちょっと勉強して試験を受ければ取れるというものではなく、難度がかなり高い資格となっています。

食品衛生管理者の資格を取るためには、一定の学歴条件を満たす必要があります。
指定された養成課程を実施している養成機関に通うことや、医師や薬剤師などの医療、健康系の専門資格を持っていることで始めて受験することができるのです。
それだけ、この資格の重要性が高いということを示しています。

確かに資格を取るのは簡単ではありませんが、それだけ希少性が高くニーズも大きいと言えます。
食品衛生管理者の資格を取ることによって、より就職や転職を有利にすることができますし、給料を含む待遇の向上にも役立ちます。
取るのが難しいだけの価値がある資格だと言えるでしょう。

つぶしが利く資格でもある

このように、食品衛生管理者は特定の食品を製造する工場で必要とされる資格で、ニーズが高いものです。
また、食品衛生管理者を持っていると、食品衛生責任者としても働くことができるようになります。
逆に、食品衛生責任者の資格を持っていたとしても、食品衛生管理者として働くことはできませんので、ずっと食品衛生管理者の方がレベルが高いことが分かります。

食品衛生責任者の資格は、どんな飲食店でも必要とされる資格ですので、食品衛生管理者は一挙両得とも言える資格で、いろいろなシーンで活用できます。
食品関連の業界では、とてもつぶしが利く資格となっていますので、取って無駄になることはないでしょう。