モヤシとちくわのあんかけ焼きそば

安上がりでボリュームたっぷりのおいしいあんかけ焼きそばができる

ランチでも夕食でも、たっぷりとボリュームあるご飯が食べたい時には、焼きそばは気軽に料理ができますし、コストがあまりかからないのでうれしい料理です。
特にこの「モヤシとちくわのあんかけ焼きそば」は、もやしとちくわでボリュームアップが簡単にできて、とても安上がりになるというメリットがありますので、定番料理としたい一品です。
コストがかからないと言っても、味は保証付きで、たくさん作ってもあっという間に皿が空になってしまうこと間違いなしです。

二人分の「モヤシとちくわのあんかけ焼きそば」のために必要な材料は以下の通りです。

中華麺(焼きそば用) 2玉
サラダ油 大さじ2
モヤシ 2袋
ちくわ 4から5本
ゴマ油 大さじ1
<あん用の調味料>
顆粒中華スープの素 小さじ2
オイスターソース 大さじ1
砂糖 小さじ2
しょうゆ 大さじ1
水 150ml
片栗粉 大さじ1
青のり 好みに応じて適量

とても簡単にできてスピーディーなのがうれしい

この「モヤシとちくわのあんかけ焼きそば」は、かなり簡単ですし、すぐにできあがりますので、忙しい時にもさっと作れるというメリットがあります。
下準備さえ済ませてしまえば、あっという間にできて、トータルでの調理時間は10分もかからないでしょう。

まず、ちくわは一口サイズの食べやすい大きさに切っておきますが、縦に割ってから切るのもよし、輪切りにしてもよし、とそれぞれの好みの切り方で大丈夫です。
中華麺は炒めるときに楽なように、袋のままでも大丈夫ですのでほぐしておきます。
あん用の調味料は、ボウルなどにすべて入れて、混ぜ合わせておき、調理する時にダマにならないようにしておくと後から便利です。

ここまでできたら後はもう簡単です。
大きめのフライパンにごま油を入れて熱したら中華麺を入れて、麺をほぐすような感じで炒めていきます。
軽くきつね色になったらフライパンから取り出して皿に盛り付けます。

そのフライパンにそのままちくわともやしを入れて強火でシャキッと仕上がるように炒めます。
その後、混ぜ合わせておいたあん用の調味料を入れてひと煮立ちさせます。
煮立ったらとろみがついてきますので、そのとろみを確認したら、器に盛り付けてある麺の上にかけ、青のりを好みの分量ふりかけて完成です。

たくさん作るのも簡単な家族向けの料理

この「モヤシとちくわのあんかけ焼きそば」は、コストがとても安く済みますし、調理もスピーディーで簡単というとても優れた料理です。
量を増して多人数に対応させることも簡単ですので、家族向けの料理と言えるでしょう。
忙しくて冷蔵庫にもあまり食材がないという時には、ぜひこの料理を試してみると良いでしょう。

引用サイト>>モヤシとちくわのあんかけ焼きそば

ちくわとカブの煮物

ユニークな味わいでおいしく食べられるちくわとカブの煮物

かぶはいろいろな調理法がありますが、煮物にして食べると、その優しい味わいが魅力となって、独特の良さを与えてくれます。
この「ちくわとカブの煮物」は中でもちくわの旨味をカブの優しい味わいが合わさって、ユニークな味に仕上がるのが特徴です。
柚子胡椒を使うことによって、刺激的な料理になりますので、忘れられない一皿となります。

「ちくわとカブの煮物」のために用意したい材料は次の通りです。

カブ(小さめのものでOK) 2個
塩少々
ちくわ 2本
だし汁 200ml
<煮汁用の調味料>
酒 大さじ2
みりん 小さじ2
砂糖 小さじ1
薄口しょうゆ 小さじ2
サラダ油 大さじ1/2
柚子胡椒 適量

煮え具合を確かめながらほど良い食感に仕上げる

まず、カブの下ごしらえから始めることにします。
カブの葉の部分を落として、実の部分は皮をむいたのち4等分します。
葉の部分は、硬い芯があるようなら取り除き、塩を入れたお湯でゆでてから水洗いして、4センチほどの長さに切りそろえておきます。

ちくわは食べやすい好みの大きさにカットします。
縦に割ってから、斜めに切ると見栄えも良く食べやすいサイズになります。

カブは、まず熱した鍋にサラダ油を入れた後そこに入れて軽く炒めます。
その後、そこにちくわとだし汁を入れて、他の調味料を足していきます。
弱火にして落し蓋をした状態で10分くらい煮ていきます。

煮え具合を見るために、カブに竹串を刺して、すっと通るくらいになったらOKです。
仕上げの段階で、カブの葉を入れて温める程度にします。
きれいに皿にカブとその葉を盛り付け、脇に柚子胡椒を添えたら完成です。

柚子胡椒の風味で味が引き締まる

この「ちくわとカブの煮物」は、とてもシンプルな料理で、カブの甘い優しい味とちくわの旨味で煮ているだけですので、本来はとても穏やかな味わいです。
しかし、柚子胡椒をつけて食べることで、味が引き締まってとても刺激的な料理となっています。
柚子の香りと青唐辛子の辛みが不思議とカブの甘み、ちくわの旨味と合わさって、何とも言えない特徴的な一皿となっています。

いつもの煮物のイメージを柚子胡椒一つで見事に変えてくれる、秀逸な料理ですので一度は試してみると良いでしょう。
食欲をそそる料理ですので、ご飯のおかずとしてとても優れていて、たくさんお代わりをすることができます。
材料を増やして簡単にたくさん作ることができますので、大きな家族でも満足できる料理となります。

サラダ油で一度カブを炒めたり、ちくわの旨味がカブに染み込んでいたりと、コクのある味に仕上がっていますので、子供も好きになる味でみんなで楽しめるのが魅力です。
ちくわやカブを使った煮物料理はたくさんありますが、この二つをマッチングさせた料理というのはそれほど多くないので、意外な組み合わせに驚かれるでしょう。

引用サイト>>カブの煮物

梅花ちらし寿司

おめでたい雰囲気を演出するのにぴったりの梅花ちらし寿司

春の時期などの華やかな雰囲気、おめでたい席には、やはり花のイメージが盛り込まれたちらし寿司を作るのが一番です。
色とりどりの明るくて見た目にも華やかなちらし寿司は、食卓に置かれるだけでも楽しい雰囲気を作ってくれます。
いろいろなちらし寿司がありますが、かまぼこで梅の花を模して作ってみるのはいかがでしょうか。

「梅花ちらし寿司」に使う材料は次の通りです。

米 3合
水 600㏄
酒 大さじ1
かんぴょう 5g
干し椎茸 1から2個
れんこん 2センチ程度
錦糸卵 卵2個分
こはだ 片身
かまぼこ 赤のものを1本
水前寺のり 少々  
ぼうふう 少々
いくら 30g
木の芽 適量
(合わせ酢用の調味料)
酢 1/3カップ
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1
昆布だし ひとまわし程度
(煮汁用の調味料)
砂糖 ひとつまみ
濃口醤油 ひとまわし程度

見た目良く調理して華やかな雰囲気を演出しよう

まず、すし飯の準備から始めることにしましょう。
米を洗ってザルに30分程度置いて水気を切ります。
その後、炊飯器に酒と水を入れて炊き上げますが、普通より硬めに炊くようにしましょう。

米を炊いている間に、具の準備を進めていくことにします。
かんぴょうは、塩もみをしてからお湯で柔らかく煮ます。
その後、煮汁用の調味料を合わせた後に煮込んでいき味を染み込ませます。

干ししいたけはお湯で戻した後、やはり煮汁用の調味料で煮込んで味を染み込ませます。
れんこんは皮をピーラーなどで向いたのち、煮てから合わせ酢に漬け込んでおきます。

かまぼこは赤い部分を桂向きするようにしてむき、白い部分は細かく刻み、赤の部分は梅の花に型抜きします。
ご飯が炊けたら、すぐに合わせ酢用の調味料を混ぜて素早く酢飯にします。
この時もたもたしていると、ご飯がべちゃべちゃになってしまうこともありますので、しゃもじで切るようにしながら手際よく合わせ酢を混ぜるようにしましょう。

その後、そのすし飯を大きめの器に盛り付け、上に錦糸卵やこはだ、いくら、ぼうふう、海苔、調理したかんぴょうやしいたけ、かまぼこをきれいに盛り付けます。
全体のバランスを見ながらきれいに盛り付けることで、とても華やかな雰囲気に仕上がります。

季節料理としてもおもてなしの料理としてもぴったり

春の季節にぴったりあった華やかな料理ですので、行事食として家庭で作ることもできますし、おもてなしの料理として提供することもできます。
量を増やせば、大人数の料理としても対応できますので、何皿かに分けて盛り付け、みんなで一緒に楽しめるようにするのも良いでしょう。
一つ一つの材料の準備は多少手間がかかりますが、量が増えてもそれほど負担となることはありませんので、大人数に対応するのが容易というメリットがあります。

引用サイト>>梅花ちらし寿司

かまぼこ粥

胃に優しくさっぱりと食べられるかまぼこ粥

胃が弱っている時などは、あまり重たいものは食べたくないものですので、おいしく粥を食べられる方法を知っておくと助かります。
いろいろな種類の粥がありますが、やはりさっぱりと胃に優しい粥を作って、胃に負担がかからないようにしたいものです。
その点、この「かまぼこ粥」は、とてもさっぱりとしていて負担が少ないものの、滋味深い味わいが特徴となっていますので、しっかりと食べられるのがうれしいところです。

「かまぼこ粥」四人分の材料は次の通りです。

米 2カップ
かまぼこ 1本
ほうれん草 4本
かぶの葉 4本
三つ葉 少々
塩 小さじ2

粥だけを別に作っておくのがポイント

まず、粥の準備から始めるようにしましょう。
米を洗ってザルに取り、30分くらい置いて水を切るようにしましょう。

その後、1リットルより少し多めの水を加えて、炊飯器や土鍋などで炊きます。
この際、日本酒を10㏄くらい加えると香りが出て食欲をそそりますので、好みで足してみるのも良いでしょう。

米を炊いている間に、具の準備を進めていきます。
かまぼこはサイコロ大に切って、三つ葉は3センチほどの長さに切りそろえておきます。

ほうれん草とかぶの葉はお湯でさっと一緒にゆでて、水にさらしたのち水気を切っておきます。
食べやすいサイズに一口大にカットしておき、準備を整えます。

粥が炊けたら、ゆでたほうれん草とかぶの葉、ほうれん草、塩を入れて味を整えつつ混ぜます。
これを一人ずつの器に盛ったら完成です。

この「かまぼこ粥」を作る際には、野菜やかまぼこを一緒に米と加熱しないで別々に作るのがコツです。
そうすることで、まず粥のさっぱりとした味を楽しむことができるようになります。
また、かまぼこは火を通してしまうと、硬くなってしまうという特性を持っていますので、最後に粥と混ぜて温める程度にしておくことで、かまぼこ特有の心地よい感触を楽しめます。

とろみを付けたりして好みの味に合わせることもできる

粥は日本人にとってとてもなじみの深い食べ物ですので、それだけ個人の好みの差も大きいものです。
特に、さらっとした粥が好みだという人もいれば、トロッとした感触の方が好きだという人もいます。

もし、トロリとした感触の粥に仕上げたいのであれば、炊き上がった後に片栗粉を水で溶いたものを混ぜて、とろみを付けるという方法を採ることができるでしょう。
また、さらっとした食感の粥の方が良いというのであれば、米を炊いている時に米を混ぜたりせず、具を入れるときもあまり強くかき混ぜないようにしましょう。
混ぜると米が砕けてとろみがついてしまいますので、なるべく動かさずにさらっと仕上げるのがコツです。

引用サイト>>かまぼこ粥

かまぼこのひなずし

かわいい見た目が魅力のかまぼこのひなずし

かまぼこはいろいろな形にカットしたり加工したりできますので、工夫次第で見た目に良い一品をたくさん作ることができます。
この「かまぼこのひなずし」もその一つで、さほど面倒な手間がかからないものの、見た目にとてもかわいく楽しめる料理となります。
春の季節などにぴったりの華やかな雰囲気がありますので、季節に合わせておめでたい雰囲気を出す飾り付けを一緒にしても良いでしょう。

「かまぼこのひなずし」で使う材料は次の通りです。

かまぼこ 1本
昆布 5㎝程度
米 1合
人参 30g
油あげ 1/3枚
(煮汁用の調味料)
醤油 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
(合わせ酢用の調味料)
酢 25㏄
砂糖 大さじ1
酒 大さじ1/2

形よく整えるのがこの料理のポイント

まずは、すし飯の準備を始めるようにしましょう。
研いだ米と、規定の量よりも少なめの水、昆布を入れて炊飯器で炊き上げます。

その間に、にんじんと油揚げの準備をします。
まず、にんじんと油揚げは千切りにしておきます。
小さめの鍋に煮汁用の調味料を入れて、カットしたにんじんと油揚げを煮ていきます。

しっかりと味が染み込んだ方がおいしいので、味をみながら十分に煮るようにしましょう。
煮ている間に合わせ酢を作っていきます。
合わせ酢用の調味料を合わせて、小さなボウルなどに入れておきます。

ご飯が炊けたらすばやく合わせ酢を入れながら混ぜ込んでいきます。
そこに、煮込んだにんじんと油揚げを入れて、優しく混ぜます。

ここまでできたら、5センチから7センチ程度の厚さに切ったかまぼこの底に切り込みを入れます。
その切込みを開きながら、すし飯を詰め込んでいきます。
この時、上からの見た目が良くなるように、形を整えながら詰めていきましょう。

すべてのかまぼこにすし飯を詰め終わったら、かまぼこを立てた状態できれいに皿に盛り付けたら完成です。
盛り付け方も大事ですので、配置を考えながら盛り付けるようにしましょう。

おもてなしの料理としても出せる見た目の良い料理

この「かまぼこのひなずし」は、見た目がとても華やかでかわいいのが特徴です。
家庭での季節料理として出すのはもちろんのこと、おもてなしの料理としてふるまうのもありでしょう。
それほど手間がかからず、誰でも簡単にできる料理ですが、みんなに喜んでもらえるものですので、ぜひとも作り方を覚えて折を見て作ってみたいものです。

最初はかまぼこに詰める分量などの感覚がつかみづらいところもありますが、何個か作ればすぐにどのくらいの量を入れたらきれいに見えるかが分かってきます。
見栄え良く提供できるように、盛り付けや皿にも配慮してみると良いでしょう。

引用サイト>>かまぼこ ひなずし