工場の稼働率について考えた

工場の生産効率を表す稼働率とは?

工場での生産活動は、機械をどのくらいの割合で動かしているか、どのくらい人が無駄なく動けているかによって効率が変わってきます。
当然、機械も人もフルに働いていた方が効率が良くなり、コストパフォーマンスが向上することになります。
そのための指標となるのが稼働率です。

それぞれの企業や工場によって稼働率の意味するところは異なりますが、基本となるのは上記のような機械や人が無駄なく動いているかということを示すものです。
それは、一日もしくは週、月などの単位で、目標とする生産数もしくは最大可能生産数のうち、実際の生産数はどのくらいかということを見るために用いられます。
工場ごとにその稼働率を出し、100パーセントに近づけるための努力をすることで、より生産ラインを効率化させることができるようになります。

工場の稼働率を出す方法とは?

稼働率の計算方法は、それぞれのメーカーで若干異なりますが、実際の生産数と平均的な生産数の対比をすることによって求められるというのが普通です。
たとえばかまぼこ工場を例に取ると、1時間当たり5000個のかまぼこの生産が平均だとすると、一日当たり8時間で4万個が生産平均数ということになります。
しかし、実際の生産数としては一日あたり2万個しか達成できていない場合は、稼働率はわずか50パーセントにすぎないということになります。

もう一つの稼働率の計算方法は、工場全体の機械がフル稼働している時間の割合を見るというものもあります。
一日当たり8時間の生産活動を行っているかまぼこ工場において、実際には6時間のみ機械が稼働している場合は、75パーセントの可動率ということになります。
この稼働率を上げるために、機械を動かせない理由を分析して、その原因を排除していくことによって効率を上げるというのが工場における生産管理において重要になってきます。

稼働率を改善するためにできる方法を探る

当然のことながら、工場の稼働率は100パーセントに近ければ近いほど良くなります。
そのためには、まずどうして稼働率が低い、もしくは稼働率を下げている原因を探る必要があります。
単純な理由として、受注が少ないために工場での生産が必要ないという場合は、営業活動に力を入れて稼働率100パーセントとなれるまでの受注をもらうことが改善方法となります。

もし受注状況は悪くないのに、人員が足りないために十分に機械を動かせず、無駄が生じているようであれば人員確保に努めることがカギとなります。
さらに、機械の故障やメンテナンスが多く、そのために機械を止めざるを得ないということが日常茶飯事になっているのであれば、機械の入れ替えや修理、メンテナンス方法の変更などを考えることが必要となってきます。

細工かまぼこの魅力

華やかでつい見入ってしまう細工かまぼこ

日本人はちょっとした食べ物にも美を追求し、食べておいしいだけでなく、見て楽しいものにするというのがとても得意です。
その特徴的な食べ物と言えるのが細工かまぼこです。
庶民の食べ物として発達してきたかまぼこに、様々なデザインを施し美しく仕上げ、果てはおめでたい席の飾り物として使用されるまでになっています。

細工かまぼこはいろいろなタイプがありますが、全体的に松竹梅や鯛、鶴、お花などの色鮮やかで華やかなものが多い傾向にあります。
シンプルなものとしては、かまぼこを昆布で巻いた昆布巻きがあり、これは細工かまぼこのルーツとして考えられているほど歴史の古いものです。
実にたくさんの種類があり、それぞれの職人が思い思いに心を込めて意匠を凝らしています。

練り製品の発達した富山で古くから伝わる

細工かまぼこの発祥についての説はいろいろありますが、富山で古くからの伝統として細工かまぼこが用いられていることから、ここにルーツがあるという見方が有力です。
もともと、婚礼の席などで鶴や松などのデザインを施した細工かまぼこが作られていて振舞われていました。
また、漁から帰ってきて不漁だった時に、本物の魚の代わりに細工かまぼこを用意して労をねぎらったところから来ているという説もあります。

なんにせよ、富山は練り物の歴史が古く、人々にとても愛されてきたという歴史があります。
現在でも全国的に水産練り製品の消費量がとても多く、トップクラスにあります。
そうしたかまぼこへの愛が細工かまぼこという、美しい加工品を生み出すことにつながったのでしょう。

職人の美意識が詰まった細工かまぼこ

細工かまぼこは、ありとあらゆるデザインを施すことができます。
しかし、細工かまぼこは主に祝いの席など、めでたい場で使われることがほとんとということもあって、華やかなデザインのものが大半を占めます。

鯛や鶴などの縁起の良い動物を筆頭に、色鮮やかな花や松、梅、竹などが用いられることが多く、日本人の美意識をよく反映しています。
パッと見るだけでなんだか気持ちが華やいでくるのが、この細工かまぼこの魅力であり、お祝いということと密接に結びついていることが分かります。

また、本物の魚とは違って細工かまぼこは、保存が効き長持ちするため、扱いやすく様々なシーンで利用できるというのもメリットです。
さらに、どの部分を切っても見栄えがよく、失礼に当たらないというのも使いやすいゆえんでしょう。
本物の魚だと、切った時に頭を出すか尾を出すかでもめることもありますが、細工かまぼこであればそんな心配もいりませんので、安心していろいろな場で用いられるのです。

カニかまが外国で人気の理由

世界中で大人気のカニかまは日本より外国で多く消費されている

日本が生み出した水産加工品の種類というのは大変多いですが、その中でもカニかまは世界中に知られるほどの知名度を持つようになっています。
しかも、統計によると、日本よりも外国の方がカニかまの消費量が多いという結果が出ているのです。

日本の年間カニかま消費量はおよそ5万トンですが、アメリカでは日本を上回る6万トンとなっています。
そして、ヨーロッパ全体ではなんと15万トンもの消費量です。

ヨーロッパの中でも特にフランスの消費量が多く、5万トンを超える勢いとなっていて日本をしのぐ人気があるのです。
それだけ世界中の人の味覚に合う味であり、安くおいしいものが食べられるというメリットを与えていると言えるでしょう。

フランスなどでは日本のカニかまに着けられている赤色よりもオレンジに近い色となっていて、フランスによくあるカニに似せています。
現地の嗜好にマッチしたものを作ることによって、より人々からの支持が集まっていることも分かります。

いろいろな理由から愛されるカニかま

これだけ世界中の人たちにカニかまが愛されているのには理由があります。
やはり、カニというのはどの国の人たちもおいしいと思える味なのですが、どうしてもカニは高いというデメリットがあります。
そこで、かなり本物の味に近い食品であり、価格はとてもリーズナブルなカニかまが、本物のカニに替わるものとして愛されるようになったのです。

さらに、カニは乱獲などによって数が少なくなってしまっているという事情が、世界のいろいろな地域で見られます。
資源を保護するためにも、漁獲量を制限しているところもありますので、この観点からもカニの代わりとなるカニかまは頼もしい食品なのです。

そして、カニアレルギーを持つ人も、カニかまなら食べられるというのも一つの理由です。
カニを含む甲殻類アレルギーは症状がひどくなることもありますので、安心して同じようなおいしい味のものが食べられるというのは、アレルギー持ちの人には何ともうれしいものです。

カニかまをアレンジしていろいろな料理に用いられている

カニかまはいろいろな料理に合いますので、世界ではたくさんのアレンジがなされています。
たとえば、野菜やソースと一緒にフランスパンやバゲットと一緒にして、サンドイッチのような形で食べるというのはよくあるアレンジです。

また、パスタの材料の一つとしても用いられていて、肉などのメイン食材と同じような地位に据えられていることもあります。
パン粉をつけてフライにして、ポテトフライと一緒に食べるというのはイギリスのスタイルで、軽食として人気があります。

かまととの語源について

江戸時代の遊郭から生まれた言葉 かまとと

ぶりっ子して、お高く留まって、という意味で使われる「かまとと」という言葉は、江戸時代の遊郭で生まれた言葉だとされています。
今ではそれほどの頻度で使われているわけではありませんが、特に女性の中では相手を非難する言葉として使われています。
その由来は江戸時代にまでさかのぼり、しかも水産食品に関係があるという言葉で、とても興味深いルーツを持っています。

この「かまとと」とは、「かま」という言葉と「とと」という言葉の二つに分かれています。
このうち「かま」とはかまぼこのことを指し、「とと」というのは魚を意味する幼児言葉のようなものです。
かまぼこから新しい言葉が生まれたということは、江戸時代から広くかまぼこが広く親しまれていたということで、とても興味をそそられます。

庶民の食べものを見下すふりをしたことから来ている言葉

どうしてこのかまぼこという食べ物から、「かまとと」という言葉が生まれたかというと、江戸時代、かまぼこは庶民の食べ物として多少ランクの低い食べ物として見られていたことが関係しています。
そこで、遊郭にいた遊女がいかにも庶民の食べ物であるかまぼこのことを知らないかのように、「かまぼこって魚からできたいたの?」と質問したということが、「かまとと」の発祥となっているようです。

遊女は多くの場合、地方から江戸に来た女性のように、貧しい生活をしてきた人が多かったので、かまぼこのことを知らないはずはないのに、そうやって知らないふりをするというのは、いかにも自分がお金持ちの出自であるかのように振舞って、お高く留まっているということから「かまとと」と呼ばれるようになったのです。
庶民出身であるからこそ、今では違う暮らしをしているからと、庶民の食べ物を見下しているということが嫌悪感を持って見られたということなのでしょう。

どんな場面で「かまとと」を使うのか?

このような興味深い由来のある言葉ですが、今ではそれほど使われなくなっています。
「かまとと」はぶりっ子をしていることを非難する言葉としても使われますので、たとえば男性もしくは女性が、好きな人の前などでぶりっ子をしている女性を見た時に、「かまととぶってんじゃないよ」と軽蔑するような時に使います。

また、ある女性の噂話をする時などにも使われることがあります。
「部長のことを陰では悪口ばっかり言ってるのに、本人の前になると愛嬌振りまいてかまととぶっているよね」という感じです。
このように、ほとんどの場合女性のことを非難するために用いられるのですが、それもやはり江戸時代の遊女に対して使われたことがルーツとなっているというのが関係しているのでしょう。

かまぼこの「足」について

水産練り物独特の表現であるかまぼこの「足」

食べ物にまつわる表現というのは実に豊富で、しゃれに富んだものも多くあります。
それだけ、日本人から昔から食というものを大事にしてきて、高い感性で味や食感の評価をしてきたということを示しています。

日常的にも独特の表現が食品に対して用いられてきていて、たとえば「腰」という表現があります。
うどんやラーメンなどの麺類でよく使われる言葉ですが、歯ごたえや弾力などの強さや心地よさを表すために用いられています。

それと似たような表現がかもぼこにも使われていて、「足」という言葉が業界や通の間で用いられています。
このかまぼこの「足」も、麺類に使われる「腰」と似ていて、噛んだ時の食感や歯ごたえのことを評価するために使われます。
「足」がしっかりとしているかまぼこの方がおいしいということになります。

どんなかまぼこの「足」がいいのか?

かまぼこの評価は、当然味が大きな部分を占めますが、同時に食感というのも非常に重要なポイントです。
では、どんな「足」がいいのかというと、滑らかでありつつもしっかりとした弾力があり、心地よい噛み応えを感じられるものとされています。
とはいえ、硬いということではなく、噛んでいくうちに自然となくなっていくような、魅惑的な「足」を持っているかまぼこがおいしいと感じられます。

かまぼこの粘りのある弾力というのは、練り物独特の食感で口の中で楽しい感覚を与えてくれるものとなります。
柔らかすぎると、滑らかさはあるものの、噛み応えがなくなってしまってこの感覚を楽しめなくなってしまいますので、バランスよく食感を残すことが非常に大事になってきます。

たんぱく質と塩の量でかもぼこの「足」を決めていく

このように、かまぼこのおいしさを左右するのは、心地よい弾力がある「足」ということになりますが、この「足」は塩によって主に生まれます。
魚介類のすり身に含まれているたんぱく質が塩分と結びつくと、タンパク質が弾力を生み出すようになるのです。
具体的には、元々ある繊維状のたんぱく質が塩などによって溶けていき、加熱することによって再び網目状になって回復します。

この網目状のたんぱく質が独特の食感をもたらすことになりますので、塩分の微妙な調節がかまぼこの絶妙な「足」を作り出すということになります。
そのため、かまぼこ製造においては、魚の風味豊かな香りと味を残しつつも、心地よい弾力を作り出すために塩分の調節を細かくすることがカギとなるのです。
これからかまぼこをいただく際には、その独特の「足」に注意して食べてみて、どのようにしてこの心地よい食感が作られているのかを思いめぐらしてみましょう。