梅花ちらし寿司

おめでたい雰囲気を演出するのにぴったりの梅花ちらし寿司

春の時期などの華やかな雰囲気、おめでたい席には、やはり花のイメージが盛り込まれたちらし寿司を作るのが一番です。
色とりどりの明るくて見た目にも華やかなちらし寿司は、食卓に置かれるだけでも楽しい雰囲気を作ってくれます。
いろいろなちらし寿司がありますが、かまぼこで梅の花を模して作ってみるのはいかがでしょうか。

「梅花ちらし寿司」に使う材料は次の通りです。

米 3合
水 600㏄
酒 大さじ1
かんぴょう 5g
干し椎茸 1から2個
れんこん 2センチ程度
錦糸卵 卵2個分
こはだ 片身
かまぼこ 赤のものを1本
水前寺のり 少々  
ぼうふう 少々
いくら 30g
木の芽 適量
(合わせ酢用の調味料)
酢 1/3カップ
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1
昆布だし ひとまわし程度
(煮汁用の調味料)
砂糖 ひとつまみ
濃口醤油 ひとまわし程度

見た目良く調理して華やかな雰囲気を演出しよう

まず、すし飯の準備から始めることにしましょう。
米を洗ってザルに30分程度置いて水気を切ります。
その後、炊飯器に酒と水を入れて炊き上げますが、普通より硬めに炊くようにしましょう。

米を炊いている間に、具の準備を進めていくことにします。
かんぴょうは、塩もみをしてからお湯で柔らかく煮ます。
その後、煮汁用の調味料を合わせた後に煮込んでいき味を染み込ませます。

干ししいたけはお湯で戻した後、やはり煮汁用の調味料で煮込んで味を染み込ませます。
れんこんは皮をピーラーなどで向いたのち、煮てから合わせ酢に漬け込んでおきます。

かまぼこは赤い部分を桂向きするようにしてむき、白い部分は細かく刻み、赤の部分は梅の花に型抜きします。
ご飯が炊けたら、すぐに合わせ酢用の調味料を混ぜて素早く酢飯にします。
この時もたもたしていると、ご飯がべちゃべちゃになってしまうこともありますので、しゃもじで切るようにしながら手際よく合わせ酢を混ぜるようにしましょう。

その後、そのすし飯を大きめの器に盛り付け、上に錦糸卵やこはだ、いくら、ぼうふう、海苔、調理したかんぴょうやしいたけ、かまぼこをきれいに盛り付けます。
全体のバランスを見ながらきれいに盛り付けることで、とても華やかな雰囲気に仕上がります。

季節料理としてもおもてなしの料理としてもぴったり

春の季節にぴったりあった華やかな料理ですので、行事食として家庭で作ることもできますし、おもてなしの料理として提供することもできます。
量を増やせば、大人数の料理としても対応できますので、何皿かに分けて盛り付け、みんなで一緒に楽しめるようにするのも良いでしょう。
一つ一つの材料の準備は多少手間がかかりますが、量が増えてもそれほど負担となることはありませんので、大人数に対応するのが容易というメリットがあります。

引用サイト>>梅花ちらし寿司

かまぼこ粥

胃に優しくさっぱりと食べられるかまぼこ粥

胃が弱っている時などは、あまり重たいものは食べたくないものですので、おいしく粥を食べられる方法を知っておくと助かります。
いろいろな種類の粥がありますが、やはりさっぱりと胃に優しい粥を作って、胃に負担がかからないようにしたいものです。
その点、この「かまぼこ粥」は、とてもさっぱりとしていて負担が少ないものの、滋味深い味わいが特徴となっていますので、しっかりと食べられるのがうれしいところです。

「かまぼこ粥」四人分の材料は次の通りです。

米 2カップ
かまぼこ 1本
ほうれん草 4本
かぶの葉 4本
三つ葉 少々
塩 小さじ2

粥だけを別に作っておくのがポイント

まず、粥の準備から始めるようにしましょう。
米を洗ってザルに取り、30分くらい置いて水を切るようにしましょう。

その後、1リットルより少し多めの水を加えて、炊飯器や土鍋などで炊きます。
この際、日本酒を10㏄くらい加えると香りが出て食欲をそそりますので、好みで足してみるのも良いでしょう。

米を炊いている間に、具の準備を進めていきます。
かまぼこはサイコロ大に切って、三つ葉は3センチほどの長さに切りそろえておきます。

ほうれん草とかぶの葉はお湯でさっと一緒にゆでて、水にさらしたのち水気を切っておきます。
食べやすいサイズに一口大にカットしておき、準備を整えます。

粥が炊けたら、ゆでたほうれん草とかぶの葉、ほうれん草、塩を入れて味を整えつつ混ぜます。
これを一人ずつの器に盛ったら完成です。

この「かまぼこ粥」を作る際には、野菜やかまぼこを一緒に米と加熱しないで別々に作るのがコツです。
そうすることで、まず粥のさっぱりとした味を楽しむことができるようになります。
また、かまぼこは火を通してしまうと、硬くなってしまうという特性を持っていますので、最後に粥と混ぜて温める程度にしておくことで、かまぼこ特有の心地よい感触を楽しめます。

とろみを付けたりして好みの味に合わせることもできる

粥は日本人にとってとてもなじみの深い食べ物ですので、それだけ個人の好みの差も大きいものです。
特に、さらっとした粥が好みだという人もいれば、トロッとした感触の方が好きだという人もいます。

もし、トロリとした感触の粥に仕上げたいのであれば、炊き上がった後に片栗粉を水で溶いたものを混ぜて、とろみを付けるという方法を採ることができるでしょう。
また、さらっとした食感の粥の方が良いというのであれば、米を炊いている時に米を混ぜたりせず、具を入れるときもあまり強くかき混ぜないようにしましょう。
混ぜると米が砕けてとろみがついてしまいますので、なるべく動かさずにさらっと仕上げるのがコツです。

引用サイト>>かまぼこ粥

かまぼこのひなずし

かわいい見た目が魅力のかまぼこのひなずし

かまぼこはいろいろな形にカットしたり加工したりできますので、工夫次第で見た目に良い一品をたくさん作ることができます。
この「かまぼこのひなずし」もその一つで、さほど面倒な手間がかからないものの、見た目にとてもかわいく楽しめる料理となります。
春の季節などにぴったりの華やかな雰囲気がありますので、季節に合わせておめでたい雰囲気を出す飾り付けを一緒にしても良いでしょう。

「かまぼこのひなずし」で使う材料は次の通りです。

かまぼこ 1本
昆布 5㎝程度
米 1合
人参 30g
油あげ 1/3枚
(煮汁用の調味料)
醤油 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
(合わせ酢用の調味料)
酢 25㏄
砂糖 大さじ1
酒 大さじ1/2

形よく整えるのがこの料理のポイント

まずは、すし飯の準備を始めるようにしましょう。
研いだ米と、規定の量よりも少なめの水、昆布を入れて炊飯器で炊き上げます。

その間に、にんじんと油揚げの準備をします。
まず、にんじんと油揚げは千切りにしておきます。
小さめの鍋に煮汁用の調味料を入れて、カットしたにんじんと油揚げを煮ていきます。

しっかりと味が染み込んだ方がおいしいので、味をみながら十分に煮るようにしましょう。
煮ている間に合わせ酢を作っていきます。
合わせ酢用の調味料を合わせて、小さなボウルなどに入れておきます。

ご飯が炊けたらすばやく合わせ酢を入れながら混ぜ込んでいきます。
そこに、煮込んだにんじんと油揚げを入れて、優しく混ぜます。

ここまでできたら、5センチから7センチ程度の厚さに切ったかまぼこの底に切り込みを入れます。
その切込みを開きながら、すし飯を詰め込んでいきます。
この時、上からの見た目が良くなるように、形を整えながら詰めていきましょう。

すべてのかまぼこにすし飯を詰め終わったら、かまぼこを立てた状態できれいに皿に盛り付けたら完成です。
盛り付け方も大事ですので、配置を考えながら盛り付けるようにしましょう。

おもてなしの料理としても出せる見た目の良い料理

この「かまぼこのひなずし」は、見た目がとても華やかでかわいいのが特徴です。
家庭での季節料理として出すのはもちろんのこと、おもてなしの料理としてふるまうのもありでしょう。
それほど手間がかからず、誰でも簡単にできる料理ですが、みんなに喜んでもらえるものですので、ぜひとも作り方を覚えて折を見て作ってみたいものです。

最初はかまぼこに詰める分量などの感覚がつかみづらいところもありますが、何個か作ればすぐにどのくらいの量を入れたらきれいに見えるかが分かってきます。
見栄え良く提供できるように、盛り付けや皿にも配慮してみると良いでしょう。

引用サイト>>かまぼこ ひなずし

小田原木の葉丼

シンプルながらも味わいの深い小田原木の葉丼

「小田原木の葉丼」は、かまぼことたまねぎ、しいたけ、万能ねぎという具だけで作るシンプルな丼ですが、味わいが深くしみじみとする味になっています。
胃が疲れている時などにも、優しい味わいですので、すっと食べることができます。
また、簡単に作れて時間もかかりませんので、忙しい毎日を送っている人も無理なくすぐに作れるというのも、この料理のメリットです。

「小田原木の葉丼」に使う材料は次の通りです。

かまぼこ 1/8本
玉ねぎ 1/6個
しいたけ(大きめのサイズ) 1/4枚
万能ねぎ 1と1/2本)
卵 1個
酒 小さじ2
みりん 小さじ2
かつおだし 大さじ2
濃口醤油 小さじ1
砂糖 小さじ1
ご飯 1杯分

材料を切って調味料と合わせて煮るだけの簡単調理

「小田原木の葉丼」の良さは、材料もシンプルで調理も簡単、スピーディーというところにあります。
まず、かまぼこは薄めにカットしてから、扇形になるように3等分します。
その後、しいたけは石突を取り除いた後に薄切りにし、玉ねぎも同様に薄切りに、万能ねぎは3センチくらいの長さにしておきます。

これで下準備が完了です。
小さめの鍋、できれば丼用の鍋のように平たいものに、酒、みりん、かつおだし、濃い口醤油、砂糖を入れて軽く煮立たせます。
そこに、玉ねぎ、しいたけを入れて軽く煮たら、かまぼこ、万能ねぎを入れます。
材料にある程度火が通ったら、軽く溶いた卵をこの中に入れていきます。

卵を入れたら火は弱火にしてふたをします。
柔らかい状態をキープしつつも、卵全体に火が通ったら火を止めます。
器にご飯を盛り、その上にゆっくりと鍋から滑らせるように具を移したら完成です。

仕上げに好みで三つ葉を載せたり、七味唐辛子をふりかけたりしても良いでしょう。
ご飯と相性がとても合いますので、たくさん食べられるのが魅力です。

さっとできるので家族が多い家庭でも楽にできる

この「小田原木の葉丼」は、いつも冷蔵庫にある材料ですぐに作れるというところにあります。
具はいろいろとバリエーションを増やすことができますので、好みに応じて変えるのも良いでしょう。
簡単に作れる割には、誰もが喜んでくれる味わいのある丼となりますので、家庭の定番料理とすることができます。

量を増やして大人数にも対応することができますので、家族が多い家庭でも作りやすいのがうれしいところです。
調理時間も10分程度とスピーディーに作れますので、忙しい時にさっと調理して食べられるというのも魅力の一つです。
ボリュームたっぷりの丼にして、育ち盛りの子供がいっぱい食べるのにも良い料理ですので、少しずつ具を変えるなどして、飽きない工夫をしながら作ってみると良いでしょう。

引用サイト>>小田原木の葉丼

かまぼこのかき揚げ丼

ボリュームたっぷりのかき揚げ丼をかまぼこ入りで作る

しっかりとご飯を食べたいという時には、丼物が一番です。
いろいろな丼料理がありますが、バリエーションが豊富でいらいろな材料を使えるかき揚げ丼は家庭でも作りやすい料理の一つです。
この「かまぼこのかき揚げ丼」も、家にある材料で気軽に作れますし、ボリュームたっぷりですので、満足感たっぷりのご飯となるのがうれしいところです。

「かまぼこのかき揚げ丼」、四人分に必要な材料は以下の通りですが、野菜などの具を好みに合わせて変更することができます。

ご飯 2合分 
かまぼこ 1本
かぼちゃ 1/8個
三つ葉 1束
たまねぎ 1個
小麦粉 100g 
卵黄 半分 
水 140㏄
揚げ油
(たれ用の調味料)
だし汁 300cc
醤油 80㏄
みりん 100㏄
砂糖 好みの量

揚げ具合をしっかりとチェックしてカラッとしたかき揚げを

まず、具の下準備から始めましょう。
かまぼこはサイコロ大にカットして、カボチャは細切りに、たまねぎは薄切りにしておきます。
また、三つ葉は3センチくらいの大きさにざく切りにしておきましょう。

ボウルに小麦粉、水、卵黄を入れて軽く混ぜます。
この時に混ぜすぎると、さくっとした仕上がりにならなくなってしまいますので、軽く混ぜると程度にしておくことがポイントです。
そして、そこにカットしたかまぼこ、たまねぎ、カボチャを入れて均等に衣が着くようにします。

たれ用の調味料を小さな鍋などに入れて、軽く煮立たせます。
このままたれを使いますので、鍋に置いておくと良いでしょう。

揚げ物用の鍋などに揚げ油を入れて熱し、170度くらいになるようにします。
揚げ油の温度がそこまで達したら、お玉などで具と衣を一緒にすくうようにしてボウルから取り、揚げ油の中にゆっくり入れていきます。
十分に揚がっていない状態で触るとバラバラになってしまうこともありますので、我慢してしっかりと火が通るまで待ちます。

サクッとした揚がり具合になったら、油から上げて油を切っておきます。
丼にご飯を盛り、小鍋に入っているたれの中に揚げたばかりのかき揚げをくぐらせて、ご飯の上に乗せます。
仕上げに三つ葉を上に盛り付けて完成です。

衣と油の温度差を大きくしてカラッと仕上げる

天ぷらはさくっと仕上げたいものですが、そのコツの一つは、衣と油の温度差をできるだけ大きくするというものです。
そのため、卵や水、小麦粉などはあらかじめ冷蔵庫などで冷やしておくと良いでしょう。
また、材料もできるだけ前もって冷蔵庫に入れておくことで、冷えた状態をキープすることができます。

揚げるときも、火のそばに衣を入れたボウルを置かずに話しておくことで、温度差を少なくしないようにできます。
こうしたポイントを押さえて食感の良いおいしい丼を作りましょう。

引用サイト>>かまぼこのかき揚げ丼