ちくわと芽ヒジキの炒め煮

ほっとする味の間違いのない料理

家庭の料理と言えるような、ほっとする味の料理を食べたくなる時があるものです。
そのような時には、昔から日本人の食卓に並んできたちくわと海の物を組み合わせた料理がぴったりです。
この「ちくわと芽ヒジキの炒め煮」はまさにそのような料理で、日本人なら誰でも食べるとほっとした気持ちになれるのが特徴です。

「ちくわと芽ヒジキの炒め煮」を作るのに使う材料は以下の通りです。

ちくわ(細めのものがベスト)  3から4本
芽ヒジキ(乾燥したものでOK)  10g
ニンジン  1/4本
サヤインゲン  4から5本
<調味料>
だし汁  大さじ4
酒  大さじ1
砂糖  大さじ1.5
しょうゆ  大さじ1
サラダ油  小さじ2
青のり  適量

下準備をしっかりとすれば簡単に料理できる

まず、野菜や乾物の下準備から始めましょう。
芽ひじきは、多めの水に入れて戻しておきますが、十分に戻ったらザルに上げて水気を切るようにします。

にんんじんは皮をピーラーなどでむいたのち、薄めの半月切りにしておきます。
サヤインゲンは軸の部分を取り除いておき、薄く斜めに切っておきます。
そして、ちくわも薄い輪切りにしておきましょう。

ここまでできたら後は簡単です。
フライパンを温めてサラダ油を入れたら、ちくわや野菜、芽ひじきをすべて入れて炒めます。
野菜に火が通ったら、調味料をかけて汁気が少なくなるまで火が通ったら火を止めましょう。

皿に盛り付けたら青のりを上にふりかけて完成です。
温かいままでもおいしいですし、冷えてからでも十分おいしいので、お弁当の一品として持っていくのにも便利です。

このように、この「ちくわと芽ヒジキの炒め煮」は下準備さえしてしまえば、簡単に調理することができますし、トータルの調理時間は10分程度ととても短くて済みますので、とても楽です。
一見するとちょっと面倒に思えますが、実はささっとできる料理ですので、忙しい時などに作るのも便利です。

ご飯と合うので食べ盛りの子供がいる家庭にもぴったり

お酒のおつまみにも合う料理ですが、やはりご飯と一緒に食べるのがベストです。
ご飯が進む料理ですし、ちくわでボリュームアップできますので、食べ盛りの子供がいる家庭にもぴったりの料理です。
たくさんまとめて作るのも簡単ですので、量を考えれば大家族にも対応できますし、ちょっとしたおつまみにするだけでもOKです。

芽ひじきはミネラル分が豊富で、健康のことを考える人にも良い料理となっているのも魅力です。
カロリーも控えめでバランスの良い栄養摂取ができますので、ダイエットをしている人も安心して食べられます。
ちくわと乾物、野菜の取り合わせが日本人の心に訴える料理となっていて、何回食べても飽きない料理です。

引用サイト>>ちくわと芽ヒジキの炒め煮