服について考えてみる

食品を扱う会社などば、食べ物に異物が混入しないように本当にいろいろ細かい配慮を行っています。
そして、更に異物が万が一入ってしまった時、出荷時までにしっかり検出出来るシステムが整っていなければなりません。

毎日洗濯することは当たり前

工場で仕事をしている人たちがどのような服を着ているのかと言うことにも目を向けて見る必要があります。
通勤時、どのような服を着ていけばいいかといういろいろな決まりはあるでしょうか。

町中にはいろいろな人たちがおり、通勤中にもいろいろな人を目撃するでしょう。
ジョギングする人、犬を連れて散歩する人、既に配達をしている人、それらの人たちとすれ違い、お互いに痛感するはずです。

私達は案外見てないようで、人たちの衣服に着眼し、そして清潔な衣服を求めているのだと。
そして工場で仕事をしている人たちは、より清潔を心掛け、工場の外から中へ入ってくる時にも慎重に対処しなければなりません。

通勤する服装に対して会社は意外とルーズ?

しっかりここで通勤する時の服装について考えてみましょう。
折り目の正しいズボンを履き、ネクタイをしっかり着用している人たちがいます。
会社のジャンパーを着ていると言う人たちもいます。

特に定めがないという会社もあります。
そして作業着そのままで通勤する人もおられるかもしれません。

キチンとネクタイ

やはり工場勤務と言うことでも一番ネクタイスタイルが多いのではないでしょうか。
工場勤務の人たちは、外へ出る機会も少ないのでネクタイスタイルである必要がないという意見もありますが、やはりネクタイをしめることでかなり会社に向きあう姿勢も変わって来ることでしょう。

けじめ、仕事のモードの切替のためにネクタイが必要とされます。
しかし、ネクタイは夏暑苦しく、段々とネクタイは必要ではないというモードに変わって来ようとしているのも事実ですが。

会社のジャンパー

いわば制服のようなものでここに一番お金がかからないメリットがあります。
日本のジメジメとした夏のことを考えると薄いジャンパーで暑い夏をしのぐ方が全然気分よく仕事に臨むことができます。

このような人たちが日々どのような服を着ればいいのか大いに迷うことになります。
しかし会社にドレスコードがなくても、みなさんそれぞれがしっかりモラルを考えて常識の範囲で行動しなければなりません。

作業着のままの通勤

作業着のままで通勤すれば、そのまま仕事に入ることが出来て便利かもしれません。
安易なモードはリフレッシュ出来るかもしれませんが、スイッチするモードも大事なのではないでしょうか。

兎に角ここで一番心掛けていただきたいのは、最低限、絶対に清潔な服を着ていると言うことです。
その服は日々しっかり洗濯されているでしょうか。