異物混入…うちも気をつけなきゃな

工場勤務などしている方々は最近のニュースに目を向けて戦々恐々とされているのではないでしょうか。
異物混入のニュースなどまさに人ごとではありません。

もしも、そのようなことが自分の工場で起これば、工場は閉鎖して、突然失業の危機を迎えてしまうかもしれません。
ちょっとしたことでもニュースでクローズアップされ、その工場で製造された商品を誰も購入してくれなくなります。

会社はどのような危機管理をしているか

会社単位でいろいろ危機管理の会議は行っているはずです。
そしてそれは食品製造会社は全体がまとまって話しあいをしていかなければならない問題です。

しっかり学ぶことからスタート

あなたが意図的に異物混入という犯罪をするかもしれません。
また、あなたが気がつかず異物混入をするかもしれません。

あなたでなく、他の人が異物混入をし会社は多大な被害を受けることもあります。
いずれにしても、ケースバイケースでどのように対処をしなければならないかと言うことを学ぶことからスタイルしましょう。

表示ミスを考える

それは異物ではないかもしれません。
会社の人たちが意図的に良かれと思いその成分を使用し、表示ミスによって購入者に正確に伝わらないためにアレルギーになってしまったというケースがあります。
異物混入を考える時、このような表示ミスを起こさないためにどうすればいいかと言うことまで考えていかなければなりません。

ルールを明確化

そこには明確なルールが必要です。
どんなに管理をしても、意図的な異物混入の犯罪は回避出来ないかもしれませんが、購入者に届く前にしっかりチェックする機能を構築しましょう。
そしてルールは全社員、工場勤務している人たちに浸透しなければなりません。

パート、アルバイトの教育は大丈夫か

しっかり教育している気になっていないでしょうか。
その瞬間、教育は工場勤務している人たちに行き届いたかのように見えても、パート、アルバイト社員はめまぐるししく変動して行くものです。

そのため会社では、新人を教育するための方針がしっかり整っていなければなりません。
どのような短期の新人でもしっかり教育することがとても大事なポイントです。

新人の服装までしっかり教育し、基本教育と同時に異物混入に対しての教育を行っていかなければなりません。
また新人に対して当たり前と思うのかもしれませんがしっかり手を洗うと言うことまでも子供のようにしつこく教育をしていかなければならない時代です。

そして異物混入に対してのそれぞれ社員たちの厳しい監視する目があれば、意図的に異物混入しようとする人たちの行動をそして異物混入が起こる環境をも阻止することができるはずです。
それは工場勤務する人たちが一丸となって目を向けなければならない問題です。