避難訓練がありました

会社では最近特に注目しているものが、避難訓練です。
しかし実際に避難訓練をするものの社員のモチベーションが低いと、ただ参加しているだけで全然身に付かないと指摘する人たちも多くいます。

避難訓練がなぜ必要なのかと言えば、多くの人たちが既に知っているように避難訓練によって実際に事故があった時の為に備えなければなりません。
しかし嫌々避難訓練に参加するモチベーションは本当に事故があった時に役立つのかと言うことが疑問と思っている人たちも決して少なくはありません。

みなさんが参加したいと思えるモチベーション

参加した方がいいと思っているものの、実際に仕事を一生懸命している人たちはちょっと面倒くさいと言う思いもあり、突然避難訓練に切り替えるモードがなかなか作り出せないと不満を漏らします。
しかし事故はこのように突然起こるもののはずですが。

しかし、もうちょっと社員の人たちが積極的に避難訓練へ参加したいと思える工夫など出来る余地は残されているのではないでしょうか。
マンネリ化という問題も回避するよう努力をしていかなければならないですし、例えば、家具の転倒防止、非常食、 防災グッズのチェック、という家庭の防災に目を向けることで俄然社員の会社においての関心度も高まって行くことになります。

模型で実際に揺れを再現する

家庭において家具の転倒などはとても深刻な問題であり、会社に勤めている人たちは、家族を一生懸命守っていかなければならない義務があると感じています。
模型を作って実際の揺れを再現する工夫などすることによって、より入り込み易くなりますし、目によって、スムーズに理解することが出来るようになります。
実際に企業でそのような訓練を取り入れことによって、関心度は俄然アップしたと言うことが報告されています。

クイズ形式はどうか

ちょっとふざけた感じは良くないと言う先入観が育ってしまっているのではないでしょうか。
問題は、しっかり社員の人たちに防災対策を理解してもらうことであり、その為の目的なら別にふざけていても一向に構わないです。

ちょっと仕事に疲れている社員が息抜きにこのような訓練に参加出来れば、これ程都合のいいことはありません。
ここでクイズ形式で防災項目をしっかりチェックして行くと言うのも工夫の一つです。

防災とはサバイバルか

防災と言うからちょっとつまらないと言うイメージを植えつけてしまうのかもしれません。
この防災とはサバイバルであり生き抜く為の知恵を養う場所です。

そして、サバイバルの為の食料品、サバイバルの為のトイレなど、今かなり進化したグッズがありますので、そのようなものも積極的に紹介する場を作りましょう。
更に興味深い危機の為節約するテクニックなどを紹介してください。