5Sを徹底する

ここで学んでもらうことは5Sの理論です。
そもそも5Sとはなんなのでしょうか。
インターネットでもいろいろな場所で5Sについて囁かれています。
5Sとは整理、清掃、清潔、整頓、しつけの頭を並べたものです。

意味を知る

「整理」とは、不要なのは一切捨てることを意味します。
また、「整頓」とは、使用しやすい状態へと並べ表示することです。

「清掃」とは、綺麗に掃除をしてかつ同時に点検を行うことです。
そして「清潔」はいつも綺麗な状態に保ち続けることです。
「しつけ」は、常にそのような状態であるよう習慣づけることを意味します。

何ら特別なことではない

5Sの頭文字になっている言葉を並べたててみれば、その言葉一つ一つは別に大した言葉でないと思うかもしれません。
しかし、なぜだか思っている以上に5Sを重視している会社が多いと言われています。

5Sを取り入れる企業は、5Sを大事な経営管理の手法とまで言っているのです。
それは単に掃除する、綺麗にすると言うのと大きく意味が違っているようですよ。

5Sの経営的意味

5Sをする為には徹底的に行われていかなければなりません。
その為には、かなり時間を要することになります。
そして5Sをしっかりこなす為には、かなりノウハウも必要とします。

徹底的か徹底的でないと言うことに違いがあり、5Sを徹底的に行うことでここでは明確に企業の経営理念に精通すると言います。
先ほど整理は不要なのは一切捨てることを意味します、整頓は使用しやすい状態へと並べ表示することです。
更に清掃は綺麗に掃除をしてかつ同時に点検を行うこと、清潔はいつも綺麗な状態に保ち続けること、しつけは常にそのような状態であるよう習慣づけることを意味すると言いましたが、経営的にはこのような意味に変容することが出来ます。

整理は今必要か、必要でないかを分類して、不要なものを処分することです。
しかし整頓は、必要なものをすぐに取り出すことが出来る為の手段です。
その為にあらかじめ置き場を明確にしておきます。

清掃とは、細部まで点検を同時に行うことです。
清潔は、整理・整頓・清掃の再度確認の意味を持ちます。

しつけとは、決められたことを実行し続けることです。
それは日々無論習慣づけられていかなければなりません。

いかがでしょうか。
企業は、当たり前のことは、既に家庭で学ぶこととして今までこのような概念を無視して扱って来たようですが、 5Sをより徹底化させることによって、経営にとても効果的である手法を発見したようです。
それは仕事が出来ない人たちを見れば判ることですが、仕事が出来ないという人たちはものの見事に5Sが実現できていないのです。