新人を成長させるためにできること

皆様の企業では新人の教育はしっかり行き届いているでしょうか。
新人が入り4月を過ぎゴールデンウィークを過ぎた頃にはかなり落ち着いて来たと感じられる頃かもしれません。

そして、新しく会社に入って来た人たちも、会社でこんなにもいろいろこなしていかなければならないと絶望を感じる頃でもあります。
食品会社勤務などでは、最初は現場で学ぶと言うことになるので、落ち着き感を取りもどすと言うよりはより絶望感に打ちひしがれる率の方が高いと言われていますが。
この時、なぜ仕事ってしなければならないだろうと言うことまで考えてしまう人たちもいるでしょう。

その時こそ先輩の関わり合い方が大事

絶望に打ちひしがれている新人に対して、動機付けを与える役割として先輩の存在がとても大事になります。
新人は最初はやる気まんまんで仕事に挑んでいる訳ですから、どうにかしてそのモチベーションを維持させ続けることは出来ないものでしょうか。

新人は現在就職超氷河期と言われ、随分苦労してこの会社に入社して来たはずです。
この新人の中には間違いなく退職したいと思うものの、退職しても簡単には次の会社に入社出来ないゆえ板挟みになり辛い思いをしている人たちも多いことでしょう。

大事なのは動機付けだった

スポーツに例えても、いきなりみなさんが試合に出ると言うことはほとんど不可能です。
たとえばスポーツでも、試合に出て勝つ為に体力をつけ技術を学んでいく必要があります。
しっかりルールも勉強しなければなりませんし。

企業が新人を雇用すると言うことは、会社の人たちが新人を無論試合に出てもらう為に採用したことになります。
しかし、会社の人たちはいきなり新人が試合にでて優勝すると思っている訳ではありません。

今は試合に出る前の期間と同じです。
だから絶望している人たちには既に何か思い上がり、間違いの認識があったのかもしれません。

まだまだ辛いと思える期間は教育の時間であり、教育されることはそれ程楽ではありません。
4月は緊張してい人たちがゴールデンウィークにちょっと会社に慣れ、気が抜けた時にそのような思いになることが多いと言われていますが、本当はまだまだ緊張しなければならない時期です。

そして試合に出たからには絶対に勝つ

そして次に試合に出ることになりますが、その時は絶対に勝つ為に、しっかり今学ぶことを学んでいかなければなりません。
些細な経験をたくさん積んで負けない社員になる必要があります。

それは学生と違う点ですが、一度試合に出れば絶対に勝たなければなりません。
そして、試合に勝てばこれだけ今まで苦労して来た訳ですから、うれしさも倍増するでしょう。
それが更に勝つ為のモチベーションとなって行きます。